何がわきがの臭いの根原なのか

何がわきがの臭いの根原なのかについて紹介します。では、体臭の中でもわきがについてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。
わきがの臭いって非常に独特ですよね。汗臭いのとは、全く違う臭いがします。どうしてあの独特な臭いが発生するのでしょうか。

わきがの臭いの原因は、汗腺から出る汗が原因です。汗腺には2種類あり、そのうちのアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因となります。アポクリン腺から分泌される汗は、水分の他に脂肪やたんぱく質、糖質などを含みます。これらの成分が、皮膚の常在菌と一緒になり、菌が脂肪などの成分を分解する際に、わきが独特の臭いを発生させてしまうのです。菌は、私たちの皮膚に常にいる常在菌です。特にいることには問題がないのですが、エサとなる脂肪やたんぱく質などと一緒になったときに、分解し出すと臭いになってしまうのですね。
また、ワキの部分は常に籠りやすい部分です。よって、かいた汗がそこで溜まってしまうと、そこで雑菌が繁殖して臭いになってしまうというアポクリン腺が関係なく臭いが発生してしまうケースもあります。
また、食生活も大きく関わります。欧米人は体臭が強いイメージですよね。それは、やはり食生活が大きく関わっているといってもよいでしょう。欧米人の食生活は、高脂質高カロリーです。そういった高脂肪食がわきがになってしまう可能性を高めているという実状もあります。
このように、わきがの臭いは、人間の身体の構造や皮膚表面の環境など、偶然が重なって発生してしまうものです。とはいえ、やはり根本的にはアポクリン腺の量が関係しています。そこをキーワードに、もう少しわきがの問題について掘り下げていくことにしましょう。