あまり自覚が無いわきがの辛さ

周りからしたら本当に辛い臭いですよね、わきがの人って。わきがの人がいる空間に一歩入っただけで、『ここにはわきがの人がいる!』というのが分かってしまうくらいです。かなり強烈な臭いなのにも関わらず、その臭いの発生源の本人は自分の臭いに気付かないのでしょうか。

結論からすると、わきがの本人は、あまり自分の臭いに気付いていません。確かに多少体臭がするかも、というくらいは気付いているかもしれませんが、それが周りの人の鼻をへし折るくらいの臭いだと言うのは気付いていないでしょう。それは、嗅覚の非常に高い順応性によるものです。街中で、香水の臭いが非常にキツい人に出会ったことはありませんか?そんなに香水を振らなくても香るのにというくらいの人。そう、本人は気付いていないのです。毎日使用している香水だと、鼻が馴れていき、香水が効いていないような気がしてついつい使用量がだんだんと増えていってしまうのです。本人はちょうどいいと思っていても、実際は振りすぎ、ということになってしまいます。
香水とわきがの話を一緒にするのもおかしいですが、わきがも同様のことが言えます。特に体臭は、香水のようにオフされることがありません。唯一、シャワーを浴びたあとが一番薄くなるでしょうが、それでも徐々に臭ってくるのには気付きません。家の臭いというのも、他人の家にいかないと気付きませんよね。体臭も同じことなのです。
あんなに強烈な臭いなのにも関わらず、本人は気付きにくい。そして周りも指摘しにくい。わきがあるあるですね。