どういう理由でわきがに為ってしまうのか

どういう理由でわきがに為ってしまうのかの解説記事です。身体の構造は、人類皆同じ…。にも関わらず、わきがの人とそうでない人がいるのはどうしてなのでしょうか。
わきがの原因となるニオイの元は、アポクリン腺という汗腺であることは何度もお話ししましたね。まずはじめに、このアポクリン腺の発達やその数が根本的な原因となります。

数が少なければ問題ないですが、多いとわきがになるリスクは高まります。かといって、アポクリン腺が多いからと言って必ずしもわきがになると言うわけでもありません。ここからは、いろいろな条件の組み合わせによる確率になってきます。
アポクリン腺の発達とともに問題になるのは、皮膚の常在菌です。これも人によって数も種類も異なります。分泌されるアポクリン腺の成分と、常在菌がまずマッチングしてしまうと、わきがのニオイが発生します。
アポクリン腺の数が多かったとしても、そこから分泌される皮脂やたんぱく質の両が少なければ、たとえ常在菌がいたとしてもわきがのようなキツイ臭いになるようなことはないかもしれません。その成分の分泌に関しては、食事の内容によります。肉も野菜もパランスよく食べられていれば問題はありません。ジャンクフードなど、バランスの偏った食事をしている場合、要注意信号が灯ります。
それにプラスαとして付け加えられる要素としては、ストレスによる自律神経のバランスが悪くなったり、そもそも身体を清潔にできていない場合などがあげられます。原因はどれか単体ではなく、これらの原因のいろいろなものが重なり合って、わきがになってしまうのです。