実は対抗手段もわきがにはある

実は対抗手段も、わきがにはあるんです。
それはなんといっても脇を拭くことで。
脇を拭くことによって、しっかりと匂いは緩和できます。
しかし、そうした意識があるとしても匂う、と考える人もいるでしょう。
実はそれは脇というよりは下着の腋の部分が匂う原因となってしまっている、ということがあります。
これはもう下着を替えるしか方法がないのですが、それでもその前にそもそも汗を抑え込んだり、下着に多少、汗が染み込んだとしても菌がいない状態にしておくことができればそれでわきがの香りはかなり抑えられるのです。
その方法としてあるのがわきがクリームになります。
薬用わきがクリームを塗ることによって、雑菌の繁殖を抑えることができるようになりますし、クリーム自体にも匂いがついていることがあり、緩和できる効果があります。
これはとてもありがたいことであり、非常に良い対策であるといえるでしょう。
わきがの人は是非とも活用しましょう。

わきが 治し方

何がわきがの臭いの根原なのか

何がわきがの臭いの根原なのかについて紹介します。では、体臭の中でもわきがについてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。
わきがの臭いって非常に独特ですよね。汗臭いのとは、全く違う臭いがします。どうしてあの独特な臭いが発生するのでしょうか。

わきがの臭いの原因は、汗腺から出る汗が原因です。汗腺には2種類あり、そのうちのアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因となります。アポクリン腺から分泌される汗は、水分の他に脂肪やたんぱく質、糖質などを含みます。これらの成分が、皮膚の常在菌と一緒になり、菌が脂肪などの成分を分解する際に、わきが独特の臭いを発生させてしまうのです。菌は、私たちの皮膚に常にいる常在菌です。特にいることには問題がないのですが、エサとなる脂肪やたんぱく質などと一緒になったときに、分解し出すと臭いになってしまうのですね。
また、ワキの部分は常に籠りやすい部分です。よって、かいた汗がそこで溜まってしまうと、そこで雑菌が繁殖して臭いになってしまうというアポクリン腺が関係なく臭いが発生してしまうケースもあります。
また、食生活も大きく関わります。欧米人は体臭が強いイメージですよね。それは、やはり食生活が大きく関わっているといってもよいでしょう。欧米人の食生活は、高脂質高カロリーです。そういった高脂肪食がわきがになってしまう可能性を高めているという実状もあります。
このように、わきがの臭いは、人間の身体の構造や皮膚表面の環境など、偶然が重なって発生してしまうものです。とはいえ、やはり根本的にはアポクリン腺の量が関係しています。そこをキーワードに、もう少しわきがの問題について掘り下げていくことにしましょう。

あまり自覚が無いわきがの辛さ

周りからしたら本当に辛い臭いですよね、わきがの人って。わきがの人がいる空間に一歩入っただけで、『ここにはわきがの人がいる!』というのが分かってしまうくらいです。かなり強烈な臭いなのにも関わらず、その臭いの発生源の本人は自分の臭いに気付かないのでしょうか。

結論からすると、わきがの本人は、あまり自分の臭いに気付いていません。確かに多少体臭がするかも、というくらいは気付いているかもしれませんが、それが周りの人の鼻をへし折るくらいの臭いだと言うのは気付いていないでしょう。それは、嗅覚の非常に高い順応性によるものです。街中で、香水の臭いが非常にキツい人に出会ったことはありませんか?そんなに香水を振らなくても香るのにというくらいの人。そう、本人は気付いていないのです。毎日使用している香水だと、鼻が馴れていき、香水が効いていないような気がしてついつい使用量がだんだんと増えていってしまうのです。本人はちょうどいいと思っていても、実際は振りすぎ、ということになってしまいます。
香水とわきがの話を一緒にするのもおかしいですが、わきがも同様のことが言えます。特に体臭は、香水のようにオフされることがありません。唯一、シャワーを浴びたあとが一番薄くなるでしょうが、それでも徐々に臭ってくるのには気付きません。家の臭いというのも、他人の家にいかないと気付きませんよね。体臭も同じことなのです。
あんなに強烈な臭いなのにも関わらず、本人は気付きにくい。そして周りも指摘しにくい。わきがあるあるですね。

どういう理由でわきがに為ってしまうのか

どういう理由でわきがに為ってしまうのかの解説記事です。身体の構造は、人類皆同じ…。にも関わらず、わきがの人とそうでない人がいるのはどうしてなのでしょうか。
わきがの原因となるニオイの元は、アポクリン腺という汗腺であることは何度もお話ししましたね。まずはじめに、このアポクリン腺の発達やその数が根本的な原因となります。

数が少なければ問題ないですが、多いとわきがになるリスクは高まります。かといって、アポクリン腺が多いからと言って必ずしもわきがになると言うわけでもありません。ここからは、いろいろな条件の組み合わせによる確率になってきます。
アポクリン腺の発達とともに問題になるのは、皮膚の常在菌です。これも人によって数も種類も異なります。分泌されるアポクリン腺の成分と、常在菌がまずマッチングしてしまうと、わきがのニオイが発生します。
アポクリン腺の数が多かったとしても、そこから分泌される皮脂やたんぱく質の両が少なければ、たとえ常在菌がいたとしてもわきがのようなキツイ臭いになるようなことはないかもしれません。その成分の分泌に関しては、食事の内容によります。肉も野菜もパランスよく食べられていれば問題はありません。ジャンクフードなど、バランスの偏った食事をしている場合、要注意信号が灯ります。
それにプラスαとして付け加えられる要素としては、ストレスによる自律神経のバランスが悪くなったり、そもそも身体を清潔にできていない場合などがあげられます。原因はどれか単体ではなく、これらの原因のいろいろなものが重なり合って、わきがになってしまうのです。